催し物

ここにタイトルを書いてください。

初心者講習会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

THOR

Author:THOR
コメントを書き込んでくれると元気が出ます
絵のUP率に変化が出るかも・・・

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

運命の女神の微笑を・・・
完全に趣味にはしてるなぁ・・・ BBS新しくしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッカーの足すとも終わり、100km程度でははがれないことを確認しました。
で、次は2枚目、三枚目です。

文字が決まらないですね^^;

まぁ、今週中に文字を決めて刷りたいですね。




今日は小説ですねー。








23回





光が出なくなり、セツナの魔力も切れたと思われるので、恒河たちは一旦帰宅することにした。
帰宅する途中恒河はまだ、一緒に家にいてくれる人がいるという安堵感と返す事ができなかった罪悪感にもにた感情でいっぱいだった。
「初日なんですから、やはり、直ぐにはむりでしたね」
少し無理に笑う表情でセツナが恒河に向けて言った。
その表情で更に恒河の罪悪感があおられた。
「その・・・ゴメン・・・。」
「恒河さんが謝ること無いんですよ。私の力不足のせいなんですから」
何故か口から出た謝罪の言葉にセツナが言い返していた。

今回行ったのはセツナの記憶のある限りで再現可能な状況を再現していた。
魔法陣の大きさ等しかし、今回は無理だった。
セツナは自分の使える魔力自体が少ないと変える途中で言ってた。
少ないと言ってはいるが、十数回はこなしていた。
それで少ないということは、セツナの世界の住人はもっと回数をこなせるということである。
確かに、転移魔法などを日常的に行っていればそれは容易に想像できるかもしれない。

そんなことを考えながら、そして微妙な感情に襲われながら、恒河は自宅に戻った。
「さて・・・夕食の準備でもするかな・・・。」
そう言いながら台所へ向かった。
「あ、恒河さん、今回は私が作ります。」
セツナがそういって台所へ入ってきた。表情はさっきの暗い表情ではなく、明るいいつもの表情に戻っていた。
しかし、服装は恒河の予備のエプロンを着けていた。
ムニクロで買った服に白の無地で飾りっ気などまったく無いエプロン。スタイルが良いのでどんな服装にしても似合うは似合うのだが、どこと無く不自然である。
「いいよ、今日もある物で作るだけになっちゃうだけだろうから・・・。」
そう言いながらレシピ本を取り出した。
「いえ、一緒に生活するからには任せきりというわけには行かないです。私にできることは私も手伝います。」
一緒に生活をするので手伝うや、交代で行うというのは当然になるのだが、ほとんど一人暮らしの様な生活が続いていた恒河には新鮮だった。
「ん~、じゃぁ、料理を手伝ってもらう事にしようかな・・・。」
「よろしくお願いします。」
恒河の肯定に気を良くしたセツナは恒河の隣で料理の手伝いの準備を始めた。











遅くなってゴメン。
神が降りてこなかったんだ。
今回は降りてきた。



次回ヨロシク。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
第24回
「ずいぶんと手際がいいな。大したもんだ」
お嬢様ということなので、料理はまったく出来ないものだと思っていた恒河はセツナの慣れた手つきに驚く。
「ありがとうございます。あちらでは結構料理を作る機会があったので……」
「ああ、そうなんだ。領主の娘っていうからてっきりお手伝いさんとかがやってるものかと思ってたよ」
作り話でよく見る、城にたくさんのメイドがいる光景を思い出しながら口にする。
「ええ、基本的にはメイドたちがやるんですが、人の上に立つ者は最低限一人で暮らして困らないような知識と技能は持っていなければならないという父の教えで家事とかは一通り仕込まれているんです。父はよく『人の上に立つことと人の上に胡坐をかくことは同じではないというのを努々忘れるな』なんて言ってましたね」
もう戻ることのできない日々を思い返すようにセツナは言う。表情も声も明るいがさびしそうな気配を感じる言葉だった。当然と言えば当然だが、最も元の世界に戻れる可能性があった方法が失敗してすぐに立ち直れるはずがない。それでも一見平気そうに見せることができるのは『人の上に立つ』ための教育の賜物なのだろう。
大したものだと恒河は思う。そしてなにかフォローすべきではないかとも思った。しかし、それには迷いが存在する。自分が誰かを慰めるといったシチュエーションに慣れておらず、碌なフォローが出来ないという情けない理由もあったが、なにより慰めの言葉をかけることによってセツナの矜持を傷つけてしまうのではないかというおそれがあった。『人の上に立つ』人間が集まっている13組に所属しており、そういった人々のことをよく知っている恒河は彼らが自分の弱さを見られることをどれほど嫌っているか知っていた。
「なるほど、立派なお父さんだね。うちのクソ親父とは天と地の差だよ。」
あいつは相当困った奴でなと恒河は父親の数々の笑い話を話し始める。
フォローができない恒河にとって、セツナの暗い気分を吹き飛ばすために思いついた唯一の作戦だった。そしてこの作戦は成功し、セツナは自然な笑いを浮かべる。
父親をまったく尊敬できない恒河であったが、このときだけは感謝したい気持ちになった。そして恒河とセツナは他愛もない話をしながら夕食を作っていく。
今日の夕食は肉じゃがだった。セツナも肉じゃがを知っていたようで、しかも、向こうの世界でも『肉じゃが』という名前らしい。中々にすごい偶然だと恒河は思ったが、考えてもみれば肉とジャガイモを使った料理なのだから、『肉じゃが』という名前になるのは自然な流れでそこまで意外でもないなと自分の中で納得した。
肉じゃがを飯台に移し、恒河とセツナは食卓を囲う。
恒河は思う。あと何回こうやって食卓を囲むことになるのだろうと。そして、その回数は多い方がいいのか少ない方がいいのかどちらなのだろう?
少ない方がいい。当然だ。セツナを早く元の世界に戻さなければならない。恒河だってわかっていた。しかし、本当にそれを望んでいるのか?このまま元の世界に戻る方法が見つからなければいいと思ってはいないだろうか?
この問いを今ならまだ否定はできる。だから、早く見つけなければならない。セツナのいない生活に耐えられる間に。そうしなければ、自分を人として許せなくなってしまう。
「早く元の世界に戻れる方法が見つかるといいな」
そう呟いた言葉はセツナに向かって言ったのか自分に言い聞かせたのか、恒河自身にもわからなかった。


いやー、申し訳ない!中間テストやら大掃除やらで遅くなってしまった。まさか一か月もかかるとは思ってなかったけど……
次からはもっと早くあげれるようにがんばるよ。
【2011/12/28 03:13】 URL | 伊笹見 鞘亜 #EQUio3AY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thorfreedom.blog24.fc2.com/tb.php/2304-6fb4cf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。